結婚に焦っている方へ

晩婚時代といわれる近年、
確かに若いうちから結婚する人は減ってきました。

しかし、30代も半ばにくると結婚に焦ってしまっている人が結構いることに気付きます。

特に女性の場合は出産などがありますから、
出来るだけ若いうちに結婚をしてしまいたいという焦りが生まれ、
それが結果的に結婚が出来なくなってしまっているという原因になってしまっているようです。

そんな結婚を焦っている人に聞きたいのですが、
そもそも結婚とは何のためにするのでしょうか?

子供を産むためですか?
両親を安心させたいためですか?
独りだと寂しいからですか?

理由は色々あるかもしれませんが、
まず大前提として結婚とは自分のためにするものだと思います。

戦国時代にあったような政略結婚などは今はありませんし、
自分が良いと思った人と結婚することが本当の幸せではないでしょうか。

結婚を焦っている方の多くに、
結婚がゴールだと思っている方が多いようです。

でも実際は結婚はスタートであって、
そこからまたお互いに協力をして生きていかなければなりません。

どちらかがどちらかに任せっきりのような関係では結婚生活はうまくいかないと思って間違いないでしょう。

それに焦っていると普段なら見落とさない点も見落としてしまい、
結婚してから後悔してしまったということにもなり兼ねません。

この人と一生を共に出来ると思った人と結婚をすることが重要ではないでしょうか。

今は離婚も頻繁に行われている時代です。
シングルマザーもたくさんいます。

焦った末にそんなことになってしまっては
結婚に人生を振り回されているようなものです。

離婚をしないような本当に一緒にいれる人と巡り合うまで、
焦らずそういう出会いを待ちましょう。

きっといつか良い出会いがあると思います。